サガン鳥栖

サガン鳥栖
1999年Jリーグ加盟。ホームタウンは佐賀県鳥栖市。ホームスタジアムは鳥栖スタジアム。チーム名の「サガン」は、小さい砂粒が固まって砂岩になるように力を結集することを表すと同時に、「佐賀の」にも通じる。
ホームタウンは鳥栖市としているが、佐賀県の各市町村での活動にも積極的であるため、佐賀県全体がホームタウンとも言える。また鳥栖市に隣接する福岡県久留米市の会社がスポンサーに名を連ねるなど、福岡県筑後地方のサポーターも増えている。
鳥栖に加入する選手は長らく「他のチームから採ってもらえなかった選手」が多い傾向が強かったが、近年は新居辰基や高橋義希等の若手の成長で育成面での評価も高まっており、若手選手の住環境も良くなっていることで、若手有力選手も集まるようになってきた
鳥栖の財政力では強力な助っ人を獲得するのは難しいため、高卒や大卒などの若手選手の育成に力を入れている。指導スタッフを充実させ、日本一練習していると言われる。
JR九州のみどりの窓口では、鳥栖駅を経由するJR券を提示することでレギュラー席に限り割引となる入場チケットを購入できる。また、みどりの窓口で購入しなくても、鳥栖駅からのJR券をスタジアムの当日券売り場で提示すると、レギュラー席に限り当日券が割り引かれる。