ジェフユナイテッド市原

ジェフユナイテッド市原
1993年の開幕時からJリーグに参加しているチーム。ホームタウンは千葉県市原市。ホームスタジアムは千葉市蘇我球技場と市原臨海競技場である。練習場は2000年から市原市の姉崎公園サッカー場を使用している。クラブの運営会社は東日本ジェイアール古河サッカークラブ。 マスコットは秋田犬の兄弟。背番号2を付けているのがジェフィ(兄)、背番号9を付けているのがユニティ(弟)である。
前身は1946年に設立された古河電気工業サッカー部。1965年の日本サッカーリーグにスタート時から参加している。日本リーグ、Jリーグを通じて一度も下部リーグに降格したことのない高い実力を持つクラブチームである。
2005年には念願のナビスコ杯で優勝し、Jリーグ創設からチーム初のタイトルを手中にしている。
2006年には巻誠一郎が日本代表選手として、ドイツW杯出場を果たしたが、、ドイツW杯終了後にオシム監督が日本代表監督に引き抜かれるという事態に陥る。 無条件で監督を引き渡したクラブには批判も多く届いた。 後任にはオシム監督の息子であるアマル・オシムが就任し、見事ナビスコ杯を連覇する。