セレッソ大阪

セレッソ大阪
ホームタウンは大阪府大阪市。チーム名の「セレッソ(Cerezo)」はスペイン語で桜の意味。マスコットは狼で愛称はロビー。ロビーの本名はノブレ・バリエンテ・アッチェ・ロビート・デ・セレッソ。高貴で勇敢な、由緒あるセレッソ家の”オオカミの息子”という意味である。
前身はヤンマーディーゼルサッカー部。1957年に創部し、JSLの創設とともに関西代表として参加した名門。JSL時代には、釜本邦茂やネルソン吉村らを擁したチームはリーグ4回、JSLカップ2回、天皇杯3回を獲得する強豪チームであった。
Jリーグ加入当時から、Jリーグ屈指の攻撃力、得点力を誇った。しかしその分守備力に難があり、大量得点・大量失点の試合が多かったが、2005年からは守備を強化し、1点を守りきる堅守速攻の戦術に変化した。
チームは浮き沈みが激しく、J1で優勝争いをした翌年の2001年、2006年の翌年には必ず低迷してJ2降格を喫する。幾度も優勝には手を伸ばしてはいるが優勝は逃している。獲得したタイトルは1994年JFL優勝のみで、公式のタイトルを獲得した経験はない。