ベガルタ仙台

ベガルタ仙台
ホームタウンは宮城県仙台市。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台。チーム名の「ベガルタ」は仙台七夕にちなみ七夕の「織り姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ(Vega)」と「アルタイル(Altair)」を合わせた造語。1999年にブランメル仙台から、現在の名称へ変更されている。
熱狂的なサポーターが多いことで知られ、観戦環境がいいユアテックスタジアム仙台を擁し、地元メディアの露出度や観客動員力など地域密着度の高さはJリーグトップクラスである。 それを物語る最近の例として、「週刊TVガイド」の宮城版にて、観戦ガイドが綴じ込み付録としてつけられたことがある。
2002年、2003年のシーズンをはJ1に昇格したが、その後はJ2にとどまっている。運営規模もJ2降格後は年々縮小規模にあり、J1昇格しない限り経営は厳しい状態が続く。
前身となった東北電力サッカー部と、クラブチーム・ブランメル仙台に移行した初期のアマチュア選手が中心となって「電力ノスタルジア」という同好会チームを結成している。