徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティス
ホームタウンは徳島市、鳴門市、美馬市、松茂町、板野町、北島町、藍住町を中心とした徳島県全県。
前身は1955年に結成された大塚製薬サッカー部である。Jリーグが開幕して爆発的な人気を博すると、大塚製薬サッカー部をプロ化して徳島県に四国から初めてのJリーグチームを誘致しようという動きが活発になり、徳島県サッカー協会が主体となって約24万人の署名が集まった。しかし、1994年の準会員申請は大塚製薬の大塚正士元会長の反対で断念し、プロ化しないままチーム運営を続け、2004年9月8日に徳島県、ホームタウンの各自治体(市町)、並びに大塚製薬、徳島新聞販売所(徳島新聞本体は社団法人のため販売店を運営する子会社が出資)、四国放送、ケーブルテレビ徳島、阿波銀行、徳島銀行、JR四国、日本航空ジャパン、トヨタカローラ徳島など県内外の企業・団体などが出資して「徳島ヴォルティス株式会社」を設立しJ2への登録にこぎつけた。
徳島ヴォルティスのサポーターは得点を取ると阿波踊りを踊る事で有名。これは大塚FC時代からの伝統で、ヴォルティスのJリーグ加盟が決まったときもクラブ事務所で阿波踊りを踊ったほど。また応援に用いる鳴り物としては太鼓が一般的であるが、徳島では阿波踊りに用いる鉦(かね、鉦鼓とも呼ぶ)も併用される。この応援スタイルはプロ野球四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスでも取り入れられている。