横浜F・マリノス

横浜F・マリノス
Jリーグ創設時からの加盟チームのひとつ。チーム名の「マリノス (Marinos)」は、スペイン語で船乗りを意味する。「F」はフリューゲルス (Flügels) の頭文字。神奈川県内の4チームで唯一J2を経験していないチームでもある。
1999年に横浜マリノスが横浜フリューゲルスを吸収合併し、現在の名称となった。
なお、フリューゲルスはマリノスのチーム史では傍系(別チーム)として扱われるので、フリューゲルスの優勝回数や個人賞などの記録は現在のFマリノスに通算されない。
1992年には天皇杯を制覇し、前身の日産自動車時代と合わせて連覇を達成しているが、その後は同大会での成績は振るわず、アップセットを演じられることもある。近年では、リーグ戦完全優勝を果たした2003年の市立船橋高校戦でPK戦まで縺れ込んだこと(PK戦で勝利)、また、翌2004年にチャンピオンシップを制した後、当時JFL(ただし、翌年のJ2参入は内定していた)のザスパ草津戦でVゴール負けを喫したことなどが記憶に新しい。